今さら聞けない!!乾燥肌&敏感肌のお手入れポイント♪

今さら聞けない!!乾燥肌&敏感肌のお手入れポイント♪

 

 

 

乾燥肌&敏感肌のお手入れにはポイントがあります♪
お肌のお手入れをする際はどのようなことに気をつければ良いのかお伝えします♪

 

 

今さら聞けない!!乾燥肌&敏感肌のお手入れポイント♪

 

 

Q 乾燥肌&敏感肌に合ったお手入れ方法は?

 

 

 

 

 

 

 

乾燥肌&敏感肌のお手入れをする際に大切なポイントは5つあります♪

 

 

  1. 保湿効果のある化粧品を使用
  2. クレンジングはクリームを使う
  3. 乾燥を防ぐ食事で内側からうるおいを
  4. 無意識の悪習慣を変えてみよう
  5. 女性ホルモンのバランスを整える

 

 

 

1、保湿効果のある化粧品を使用
水分保持力が低下した乾燥肌には、保湿成分の高い化粧水や美容液を浸透させた後、乳液やクリームなどの油性成分でふたをしましょう。

 

 

 

今さら聞けない!!乾燥肌&敏感肌のお手入れポイント♪

 

 

 

特に化粧品には水分の保持だけなく、素肌環境を整え、お肌のバリア機能を高めるなど大切な効果があります♪乾燥肌&敏感肌の方は自分に合った化粧品を見つけるのに苦労しますが、敏感で繊細なお肌だからこそ大切に化粧品を選んでくださいね

 

 

2、クレンジングはクリームを使う
オイルクレンジングには界面活性剤が多く含まれており、洗浄力が高い半面、必要な皮脂を取りすぎてしまうこともあります。乾燥肌には洗浄力の優しいクリームやミルクタイプがおすすめです♪

 

 

3、乾燥を防ぐ食事で内側からうるおいを
お肌のうるおいを守る天然保湿因子はたんぱく質が変質したアミノ酸で、細胞間脂質の約40%を占めるセラミドは必須の脂肪酸です。これらは食事からも取り入れることができます♪

 

 

おすすめの食材はこれです♪

 

 

アボガド
→森のバターと呼ばれるほど必須脂肪酸が豊富です♪
オイル
→オリーブオイルやココナッツオイルにも必須脂肪酸が多く含まれています♪
くるみ
→くるみにはα-リノレン酸が肌水分の蒸発を防いでくれます♪
こんにゃく
→植物性セラミドの含有量が豊富です♪
サーモン
→お肌を健やかに保つオメガ3脂肪酸、アミノ酸を両方とも含みます♪
納豆
→たんぱく質やセラミドなどお肌の保湿成分を高め、女性ホルモンを増やす効果まである万能食材です♪
みそ
→アンチエイジングの強い味方で腸内環境まで整えます♪
うなぎ
→皮膚や粘膜のうるおいを保ち、新陳代謝を高めてビタミンAも豊富です♪

大豆
→乾燥が原因の炎症からお肌を守り、新陳代謝を活発にして良性たんぱく質も豊富です♪

 

 

4、無意識の悪習慣を変えてみよう
乾燥肌や敏感肌の方はかゆみや肌荒れが起こりやすく、気がつかないうちにお肌をかいたり、ニキビを触ったりしがちです。

 

 

 

今さら聞けない!!乾燥肌&敏感肌のお手入れポイント♪

 

 

 

また、洗顔時のすすぎ残しシャンプーのすすぎ残しなども肌荒れを悪化させてニキビの元にもなるので注意です。

 

 

5、女性ホルモンのバランスを整える
ホルモンバランスを整えることでお肌のハリやシワ予防にも効果的です♪特におすすめ食材でも紹介した納豆大豆に加えて豆乳などに含まれるイソフラボンはぜひ摂取したいものです♪

 

 

また、ホルモンバランスはストレスによっても影響を受けます。家庭や職場でストレスが溜まるとお肌にも影響が出てきます。夫婦の仲が良いということも美肌に欠かせない秘訣かもしれませんね(笑)

 

 

 

今さら聞けない!!乾燥肌&敏感肌のお手入れポイント♪

 

 

 

確かに昔は旦那様と一緒にいるだけでお肌がつるつるになったような(笑)